【カツ丼】名古屋市・栄『味処 叶』〜味噌カツ丼の元祖〜

2018年3月1日

こんにちは。

金沢の料理屋四代目、金沢の料亭の愉しみ方コンシェル・山縣 秀行(@kotobukiya_yama)です!

久しぶりのかつらー(とんかつ好き)ブログ、なのですが、今回はとんかつではなく、カツ丼のご紹介。

過去のかつらー(とんかつ好き)ブログの全国とんかつ行脚ブログは、こちらから。

https://ameblo.jp/yamahide02/theme-10091827119.html

さて、今回ご紹介するのは、名古屋名物・味噌カツ丼専門店の『味処 叶』さん。

『味処 叶』さんは、創業が昭和24年。

味噌カツ丼発祥のお店とされています。

店舗は、栄三丁目の路地裏に佇む、昭和ノスタルジー溢れる佇まい。

”元祖”みそかつ丼、の看板が目印。

暖簾をくぐると、テーブル席とカウンターのこじんまりとした店内。

ただ、二階に座敷席が2室あり、混雑時は、座卓に相席というスタイルになります。

一階は満席だったので、二階の座敷席へ。

香の物と紙おしぼりがセットされている席に案内されました。

1台の座卓に、8名が相席です。

僕の左隣は、20代の若い女性観光客、正面には、これまた20代と思しき若いカップル。

意外な客層にちょっと驚きつつ、料理の到着を待ちます。

待つこと、約15分ほどでしょうか、「元祖味噌カツ丼 1,320円(税込)」が運ばれてきました。

なかなかのインパクトです。

人気の味噌カツ店である矢場とんさんのものより、より濃厚な色合い。

一般的などんぶりよりは、少し小さめなうつわです。

大きいお茶碗っていった感じ。

前の席の方が大盛りを食べていましたが、こちらは、カツもごはんもかなり多めになりますので、まずは、普通盛りから試してみるのがよろしいかと。

なお、お味噌汁は別売り。豆腐か、あさりが選べます。

お肉もかなり厚めです。

見るからにくどそうですが、実際は見た目ほどでもなく、特に食べ飽きがきてしまう、しつこい甘さはありません。

まず、カツを口に運ぶと、八丁味噌独特の香りが出迎えてくれます。

八丁味噌ダレを、カツにかけているわけではなく、少し煮込んでいるらしく、適度にカツの脂が落ちていることで、食べやすくなっています。

煮込みすぎていないので、まだサクサク感が残っているのは嬉しいところ。

真ん中に落とされた半熟卵が、単調になりがちな味にアクセントを付けています。

座卓には、一味唐辛子と七味唐辛子が備え付けられており、後半は、それで味を変えるのもアリだと思います。

個人的には、より複雑な味わいの七味がおススメです。

ほとんどのお客さんが、元祖味噌カツ丼を注文するようですが、実は、味噌エビ丼というメニューもありますので、とんかつより、エビフライが好きって方は、ご検討を。

名古屋らしい八丁味噌料理本来の味わいを堪能できるお店のひとつだと思います。

ご馳走様でした!


○味処 叶

愛知県名古屋市中区栄3-4-110

052-241-3471

定休日:月曜日

関連ランキング:とんかつ | 栄駅(名古屋)栄町駅矢場町駅